2014年6月9日月曜日

マルチデバイスに対応したdビデオに登録をしてみた。

このニュースが気になっていました。NTTDocomoの動画配信サービス「dビデオ」なら月額500円(税抜)で92,000コンテンツが見放題がマルチデバイスに対応した件。

NTTドコモの「dビデオ」がパソコンやNexus7などから視聴可能に NTTドコモとエイベックス通信放送は2013年5月8日、スマートフォン向けに提供しているVODサービス「dビデオ powered by BeeTV」のマルチデバイス機能を拡張すると発表した。5月16日午前10時から、パソコンや無線LAN専用タブレットでも追加料金なしでdビデオを視聴できるようにする。 dビデオは、NTTドコモのスマートフォンやタブレット向けに映画やドラマ、エイベックス通信放送が手がけるBeeTVオリジナル番組など約7万3000本の映像コンテンツを月額525円の定額見放題で配信するサービスである。NTTドコモのSIMカードを搭載した端末でdビデオを契約することで視聴可能になる。SIMカードを搭載しない端末からの視聴は、2013年3月に発売した無線LAN専用タブレットの「dtab」およびスティック型STBの「dstick」の2機種のみ、マルチデバイス対応機種として登録することで対応していた。 今回はこれらに加えて、パソコンおよびGoogleのNexus7など一部の無線LAN専用タブレットもマルチデバイス登録の対象機種とする(写真)。パソコンで視聴する場合はMicrosoft Silverlight 5以上が必要であり、Windows XP SP3、同Vista、同7(32bit/64bit)およびMac OS Xが対応する。なおWindows8には現時点では非対応である。パソコン版のdビデオはストリーム視聴のみでコンテンツのダウンロード視聴はできない。 無線LAN専用タブレットではNexus7、Nexus10を対応機種としている。マルチデバイス登録は1契約につき最大5台まで可能。今後は「Windows8やKindle Fire HDなど他の視聴環境への対応も検討していきたい」(エイベックス通信放送)としている。

ただ、対応しているデバイス(端末)が曖昧でちょっと利用に踏み切れず。確認をしたところ・・・

Windows8.1 → OK 
Nexus5 → OK 
kindle → アウト

 という感じですね。なので、Nexus5で『ブリジット・ジョーンズの日記』を見ながらこの記事を書いております。





まずはDocomoID登録。

わたしはDocomoのIDを持っていないので、今回、DocomoIDを取得し、dビデオが視聴可能になるようにしました。が、この設定が意外と面倒だった・・・ その点、Huluはちょろかったなぁ・・・としみじみ中。





一方でHuluに比べると目新しさがありますな。個人的には。いろいろと見たい作品があります、わんさかわんさかと。




こうなると、Google Chromecast ( クロームキャスト ) が欲しくなる。
ああ、欲しい~欲しい!!!



発売された当初から狙っていたのだけれど、主人の冷たい目線が・・・汗。どんだけ堕落するのだ?という目線が。。。汗。ちなみに、Google Chromecast ( クロームキャスト ) とは・・・
Chromecast を HDMI 端子付きのテレビに差し込んで、お手持ちのスマートフォン、タブレット、ノートパソコンから操作します。リモコンはいりません。ボタンを押すだけで、Google Play、YouTube、dビデオ、ビデオパス、Chrome ブラウザからお気に入りのコンテンツをテレビ画面に映すことができます。
Google Chromecast ( クロームキャスト )を使えば、PCやkindle、Nexusで観ている動画をWi-Fi接続により、テレビの大画面で観ることができるようになります。 ああ、欲しい~欲しい~!と叫んでおきまする(笑)。


 

0 件のコメント:

コメントを投稿

映画の話を共にしませんか?コメントをいただけましたら管理人は飛び上がって喜びます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...