2014年1月9日木曜日

主人公の内面に踏み込んでおり原作よりも泣けた、ドラマ『白夜行』。

今回は映画ではなく、ドラマ。短気でイラチなわたしはほとんどドラマを観ません。もしドラマを観るとしたら、ある程度、まとまって配信をしてくれないと観る気力が続きません。そんなわたしが最後まできちんと観たドラマ、それが『白夜行』。




今シーズン、フィギュアスケートの町田樹選手がEX(http://youtu.be/t0yHIRU8RhI)に選んだドラマです。Huluで配信をされていた、原作が割りと好きだった、という理由で超軽く観ましたら、たちまちのうちにはまりました。しかもわたし以上に主人が。笑

Huluならいつでもどこでも海外ドラマや映画が見放題!⇒今すぐ無料でお試し


原作は東野圭吾の同名タイトルの著書『白夜行』。話の流れとして、ドラマはほぼ忠実にこの原作をなぞっています。ただ、主人公に対するスタンスが原作とドラマでは大いに異なります。

原作では二人の人物、雪穂と亮司の二人は一切、表立って登場せず、いずれも第三者視点で語られる形になっています。一方、ドラマのほうでは雪穂と亮司が前面に出てきて、二人の関係性が赤裸々に描かれます。

その違い、そのギャップに戸惑ったのは一瞬。

原作ではクールで冷静で冷徹な印象をもたらした雪穂と亮司。特に雪穂にはそのイメージが強かったです。亮司がまだ仲良くなった人たちに内面を割りと素直にあらわしているのに対し、雪穂はほぼそんなものを見せませんでした。彼女の心は幼い頃に殺されたのでしょう。

が、ドラマでの二人は年相応の幼さと苦悩を抱えた存在として描かれていました。「そうか、あの原作の裏にはこんな世界が広がっていたのかもしれない・・・」と思うとなんだか新鮮な驚きと感動に襲われました

そして、原作では泣きませんでした。面白い小説だ、よく出来たミステリー小説と思ったものの、泣くことはありませんでした。が、ドラマでは泣いたなぁ・・・

幼少時、初恋の少女を助けるために父親を殺した少年と、その少年を庇うために母親の命を奪った少女の残酷な14年間の愛の軌跡を描いた物語。2人はただ太陽の下で手を繋いで歩きたかっただけなのに…。

出演: 山田孝之, 綾瀬はるか, 渡部篤郎, 柏原崇, 西田尚美,

で、このテレビドラマを観た後に原作を改めて読みました。

そして、テレビドラマの裏側を改めて発見した気持で読み終えました。やはり、原作の雪穂と亮司はプロフェッショナルな犯罪者といった風情でその設定に心揺さぶられても、主人公二人に心揺さぶれることはありませんでした。それがドラマは人情ものの泣けるドラマになっているのですから・・・脚本家の腕にカンパイ、というところでしょうか。


また、雪穂と亮司をそれぞれ演じた、綾瀬はるかと山田孝之もよかったですね~。見始めた当初は綾瀬はるかが雪穂?ちょっとイメージと違う,と思っていましたが、彼女のポヤポヤした印象がこのドラマではうまい具合にボケている感じでした。山田孝之はよかったです!彼は役者として割と好きなのですが、今回の亮司役もうまいなぁ、と眺めておりました。

それ以外の周囲を固める大人のベテラン俳優も皆、良かったですね。

それぞれが己の役回りを理解していたように感じました。笹垣は武田鉄矢ということもあってか、超人情派の刑事になっておりましたし。笑。

雪穂と亮司の母親もそれぞれ良かったなぁ・・・シミジミと眺めました。二人とも母親としては明らかに失格ですが、それでも、最後には母親としての片鱗を見せたような気がします。そして、松浦もよかったなぁ・・・



泣ける度
 100%。
 純粋な友情がどこで狂っていったのか





amazonで『白夜行』の商品をチェックする。


映画化(http://byakuyako.gaga.ne.jp/)もされているようですが、この物語を2時間足らずの映画でまとめるのは苦しいような気がします。ドラマで丁寧に丁寧に描かれる二人の姿に是非、涙してください。


「はじまりは純粋だった。なのに、どうして・・・」


と思いながら、胸がちぎれるようになりながら観てしまいます。雪穂も亮司も賢く強い人間です。まっとうに生きれば、まっとうな人生を歩めただろうに・・・涙。

あたしの上には太陽なんかなかった。いつも夜。でも暗くはなかった。太陽に代わるものがあったから。太陽ほど明るくはないけれど、あたしには十分だった。

雪穂が心を取り戻し、幸せになることを願ってやみません。彼女の太陽であった亮司亡き後、彼女はどうなったのか・・・。




0 件のコメント:

コメントを投稿

映画の話を共にしませんか?コメントをいただけましたら管理人は飛び上がって喜びます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...